薬剤師はパートやアルバイトで働けるの?

薬剤師パート → 薬剤師パートやアルバイトとして働く

薬剤師パートやアルバイトとして働く

薬剤師の仕事の仕方には様々な形態がありますが、その例として、パートやアルバイトがあります。時給で働く事ができるので、一度は出産や育児などで退職したけれど、また薬剤師として働いていきたいと思っている、けれど正社員としてだと時間的に厳しいという方が働きやすくなっています。また時給に関しても、薬剤師という専門性のため、高めになっており、薬剤師求人パートは時給2000円前後という案件が多くなっており、かなり効率の良い仕事と言えます。

パートやアルバイトの求人のチラシや情報誌を見ていても、薬剤師の仕事というのは実はあまり見かける事がありません。実はこうした所にはあまり求人が載らないようになっているのです。こうした媒体に求人広告を掲載すると応募が多く集まりすぎて、逆に人件費などのコストがかかってしまうという問題があるのです。また、集まる方も、薬剤師として十分な能力がない方も応募をしやすいため、掲載を控えるようになっているのです。

それではどこにこうしたパートやアルバイトの求人があるかというと、薬剤師専門の転職サイトや、医療系の求人に特化している転職サイトです。こうしたサイトには基本的に資格を持ったきちんとした方がほとんどのため、効率が上がります。また、パートやアルバイトであっても、実は非公開求人になっているものも多いです。先に述べたように時給が比較的高い水準のため、人気が出やすく、応募が殺到しやすいためです。
一般社団法人 愛知県薬剤師会

そのため、薬剤師としてパートやアルバイトで仕事をしたい場合は転職サイトに登録して、その時に担当してくれるアドバイザーの方にこうした意向を伝えるのが最も近道と言えます。そうすると非公開求人のパートやアルバイトの求人を紹介してもらえるため、その中から検討する事ができます。非公開求人は限定性の高い求人ですが、非公開になっているのには様々な理由があり、薬剤師のパートやアルバイトも以上のような人気の高さが理由になっています。

薬剤師として独立するには

薬剤師は安定して働けるというのが魅力的な資格ではありますが、独立などは難しいのかというと、実は薬剤師でも独立をする方もいます。様々な形での独立の仕方がありますが、薬局を開くというのは比較的多いケースです。一人の薬剤師として薬局で働く立場ではなく、薬局を経営するという立場になります。独立するのに必要なのは、まずは薬剤師としての一人前のスキルです。将来的には自分が薬剤師を管理する立場ですが、自分がまずは完璧にしましょう。

次にお客様である患者さんや、病院やクリニックとの関係作りです。コミュニケーションスキルも関係しますが、良好な人間関係が、薬局の評判も左右する事になります。そのため、薬剤師として仕事をしていく中で磨いていく事を意識しましょう。専門性が高く、ともすれば技術職のようにもなりがちな薬剤師ですが、患者さんや医師とのやり取りの中から、患者さんが何を望んでいるのかを相手の立場になって聞いたり、医師の意向をくみ取る力を鍛える事が大切です。

次に財務スキルです。薬局もお店なので、資金の管理をしていく必要があります。そのため、経理や財務の知識も一通り身に付けておく必要があります。ただし、ここは専門的な範囲まで学ぶ必要はありません。基本を押さえて、どういった事に気を付けるべきなのか等を理解しておけば良いと言えます。専門の方や経理のスタッフにお願いする事で自分は他の仕事に専念できるようにもなります。ですが、何を話しているのか分かるレベルにはしておきましょう。

最後にITスキルです。基本的なPCスキルはもちろんですが、最近はIT設備の導入が進んでいる施設も利用関連施設の中では多くなっています。薬局もその流れに対応していく事が大切になってきます。少し遅れているなと感じられる薬局はやはり新しい薬局にお客さんを奪われてしまいます。そうならないためにも、しっかり学んでおきましょう。こうしたスキルを学ぶには大手の調剤薬局などがお勧めの職場です。将来独立を目指す方は意識して学んでいきましょう。

麻薬取締官として働く薬剤師

麻薬取締官と薬剤師、一見するとピンとこないような関係ですが、実は麻薬取締官として薬剤師が活躍することができるのです。麻薬取締官の採用に当たっては、大きく分けて2つのルートがありそのうち1つのルートが薬剤師試験を経由したものとなっています。

まず通常の採用ルートです。これは国家公務員一般職の採用試験のうち「行政」または「電気・電子・情報」の区分で合格したうえで、麻薬取締官の採用試験に合格する方法です。

そして、もう1つの採用ルートが薬剤師の資格を取得するということです。この場合、国家公務員試験に合格している必要はなく、薬剤師の資格をもって、麻薬取締官の採用試験に応募することができます。ただし、「薬学技官」としての採用となります。

そもそも、麻薬取締官は厚生労働省の地方支局である地方厚生局麻薬取締部というところに所属する公務員です。麻薬取締官は、一般の警察官には認められていない「おとり捜査」を行うことが可能な権限も持ち、その専門知識を活かして、麻薬の取締にありあることが可能となっています。

実際の麻薬の取引や密売などを取り締まるだけではなく、病院や薬局、製薬会社など麻薬成分のある薬品を取り扱っている機関へ出向き、検査を行うこともあります。麻薬成分が適切に使用されているのかを確かめるためです。

さらに、行政機関や学校などで、麻薬などの薬物使用の禁止のための啓発活動に従事することもあります。広く、公務員として、薬物の不正な使用に対し、厳しく諌めるための活動を行っていくというわけです。

薬剤師資格での麻薬取締官の技官採用については、定期的に募集があるわけではありません。欠員や補充の必要が出てきた場合に募集がかけられます。

薬剤師は現在6年生の大学で学ぶ必要があること、そして麻薬取締官は公務員であることから、応募に当たってはご自身の年齢を把握したうえで行ってください。

現状、薬剤師資格での応募は29歳以下となっています。タイミングによっては応募ができないことも考えられます。仕事内容はハードですが、非常に崇高な使命も持っています。選択肢の1つに考えるのもよいかと思います。

薬剤師の勤務場所と報酬の比較

薬剤師として働く場所は、薬局や病院、製薬会社などさまざまにあります。求人数には差があり、応募しても採用されやすい場所、されにくい場所が存在します。まず、薬剤師の求人数について見ていきましょう。

そこを抑えながら求人数をみていくと、一番多いのが調剤薬局で約17000件、次いでドラッグストアで約10000件、企業は非常に少なくて130件程度、病院は約600件などとなっています。

ドラッグストアの中には、調剤薬局を併設しているところとそうでない市販薬や雑貨のみを販売するところがあり、割合的には1:2で調剤機能のないところが多くなっています。

これを見ると、薬局ではないところで薬剤師として働くための求人が非常に少ないということがわかります。もちろん、求人数が多いからといって採用されやすいということを必ずしも意味しません。応募の絶対数が多ければそれだけ採用に関する倍率は上がってしまうからです。

それでは収入の面ではどうでしょうか。実際のところ、求人数に反比例しているようです。調剤薬局の場合、年収は550万円~650万円、一方で企業で働く薬剤師の場合、1000万円近くになることもあります。

調剤薬局の年収があまり多くないのは、その収入源によるとことが大きいのです。通常の場合、処方箋で薬を出してもらうと、患者さんは3割負担、残り7割が保険適用になります。

その7割の部分が保険財政の悪化に伴って、最近減額されているため、薬剤師の報酬として還元されなくなってきてしまっているのです。

また、最近はジェネリック医薬品を選択する患者さんも増えています。ジェネリック医薬品は、単価が安くなおかつ従来のものと成分が同じため、あえてそれを希望する人も増えているのです。

当然、薬価が安いため、薬局の収入も減ってしまいます。民間企業の場合、保険云々の問題はありませんから、その企業の業績や薬剤師の人の能力次第で、高額の報酬を得ることが可能になります。

絶対に企業のほうが収入が多いとは言い切れませんが、狭き門ゆえ得られるものも大きい可能性があります。

薬剤師パートの関連記事

薬剤師―転職の多さをメリットにするには?

将来、薬剤師は就職氷河期になる?

薬剤師復職―復職支援プログラムの利用でブランク有りでも安心復職!

薬剤師の転職で失敗しないために

治験コーディネーター転職支援サイト・コンサルタントによるサポート